男女で違う実印サイズ

印鑑証明イメージ

印鑑証明をとる時の印鑑ですが、実印という事は誰でもわかりますよね。
私も実印という言葉と印鑑があるのは、小さい時から知っています。
印鑑はどれも同じと思っていましたが、種類によって全然違いますよね。

お恥ずかしい話しですが、最近私はその話を知りました。
今年で35歳になりますが、実印のことを全然知ろうともしませんでした。
いい大人なのに恥ずかしいです…。

知らなかった事は、恥ずかしくて誰にも言えません。
実印にサイズがあるということも知らなくて…。
男性と女性で違うらしいですね。

確か…男性の方のサイズが16.5mmと18.0mmで、女性の方のサイズは13.5mmと15.0mmらしいですが、サイズにこだわりたい人は別に男性でも15.0mmの実印を持っていてもいいそうです。
その逆で、女性が16.5mmの実印でも全然OKみたいです。

【印鑑を作成するならこちらの通販サイト】
印鑑卸売市場はお客様から指示される高い品質で激安価格な印鑑を卸売価格で作成し最短即日出荷をしております!

でも、知らない人は言われるがままに購入してしまいますよね。
印鑑証明の実印は一本だけですから、その印鑑の大きさなんて素人の人は見てわかるのでしょうか?
絶対分かりませんよね。

もし気づく時があるとしたら、夫婦で印鑑証明取った時に実印のサイズが分かりそうですよね。
夫婦で実印持っている人は少ないと思いますが、もし奥さんの方が結婚前に実印を名前だけで購入していた実印が大きい可能性はありますよね。

二通取って、並べたりすれば実印の大きさに気づかれそうですね。
気付かれたとしても、せっかく作った印鑑ですから、新しい実印を購入するとは普通考えません。
自分が作る時は、絶対に一番最後まで迷いそうな気がしますね。

ページの先頭へ