印鑑の材質も奥が深い

チタンイメージ

実印の材質って分かりますか?恥ずかしい話しですが、私は最近ようやく知りましたよ…。
以前から印鑑の材質に、黒水牛と象牙があることは分かっていましたが、それ以外は全然分かりませんでした。
代表的なところで言うと、薩摩本柘・楓・彩樺・黒彩樺・オランダ水牛・マンモスに黒水牛と象牙らしいですよね。

後、最近なのでしょうか…チタンや琥珀も人気がある実印の材質みたいです。
私はマンモスって…と驚きましたよ。あとオランダ水牛って何ですかの世界です。
叔父さんから聞いた話しだと、オランダ水牛ってオランダの水牛ではないらしいです。

材質の名前はオランダ水牛だが、物はオランダの水牛ではないみたいな事を言っていました。
ややこしくなってきました…。ちなみにマンモスは、本物のマンモスの牙だそうです。
実印の材質も奥が深いですよね…。私の知らない事ばかりです。

【生体適合性に抜群に優れているチタン素材の印鑑】
印鑑のベストクオリティのチタン印鑑は、長く利用していても錆びにくく耐食性に優れた素材です。良いものは大事に使いたいですね。

実印を買う人は、印鑑証明が必要になったから買う人達ですよね。
急に、今日は実印が欲しいから買おうかなぁ~と思って買う人は絶対にいないと思います。
一番高級な実印の材質は、やはり象牙ですかね。

インターネットにいろいろなサイトやショップがありますが、値段がまちまちでよく分かりません。
何でこんなに、実印の金額に幅があるのでしょうか…。

私は、今すぐ実印が必要でないので少し勉強してから、購入を検討しようと考えています。
でも、チタンや琥珀は私の中では装飾品の部類に入りますから、実印の材質にあると知った時は驚きましたね。

ページの先頭へ